« JI(共同実施) | トップページ | エヴェレスト周辺で融ける氷河 »

2007/08/22

異常気象リスクマップ

気象庁地球環境・海洋部からのメッセージ。

昨今、地球温暖化等の気候変動による異常気象の増加が懸念されていることを背景に、地域の異常気象のリスク軽減対策や計画策定を担当する地方公共団体やライフライン機関、農業関係者等からは、大雨など異常気象の発生頻度に関する、空間的・時間的に詳細な情報が求められています。

こうした要望に答えるため、過去100年以上にわたる気象庁の観測データを駆使した、異常気象の頻度等の実態やその長期変化傾向に関する情報をわかりやすい図表形式による「異常気象リスクマップ」として提供することとしました。

今年度は、「異常気象リスクマップ」の第一段階として、過去100年以上の日降水量データがデジタルデータとして整備された全国51地点における大雨の頻度等、地域の異常気象の実態に関する情報を提供します。

今後、利用者からの要望等を踏まえながら、地点数や対象要素を増やすなど、年1回程度情報を更新し、気象庁ホームページ上で公表します。将来的には、地球温暖化予測実験の結果を用いて、全国各地域における地球温暖化時の異常気象の頻度等に関する情報を提供する予定です。

本情報を各種業務の参考としていただくとともに、地元気象台や気象庁に対し、今後どのような情報が望まれるかご意見やご要望をいただきますようお願いします。

◆106年間の観測値による確率降水量

◆日降水量100mm・200mmの再現期間

◆106年の前半と後半における再現期間の変化

◆日降水量100mm以上の日数の長期変化傾向

◆年降水量の変動幅の長期変化傾向

◆日降水量100mm以上の日数の分布

◆10年に1回の少雨の分布

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« JI(共同実施) | トップページ | エヴェレスト周辺で融ける氷河 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16206416

この記事へのトラックバック一覧です: 異常気象リスクマップ:

« JI(共同実施) | トップページ | エヴェレスト周辺で融ける氷河 »