« あいと地球と競売人 | トップページ | OECD 中国の環境パフォーマンスレビュー報告書を出版 »

2007/08/06

新しい命を生み出せるのは母だけ

◇米国の大家族に17人目が誕生、もう次の赤ちゃんの話に

米アーカンソー州に住むジム・ボム・ダガーさん(42)とミシェルさん(40)夫妻に2日、17人目の子供となる赤ちゃんが、無事に誕生した。夫妻はすでに、次の赤ちゃんを迎える話を始めているという。

夫妻には2005年10月11日に、16人目となる女の赤ちゃん「ヨハンナ」ちゃんが誕生。当時、8年ぶりの女の子が誕生したと喜び、もっと子供が欲しいと話していた。

ダガーさん夫妻には19歳のジョシュア君を筆頭に、2組の双子を含む16人の10男7女がおり、全員「J」で始まる名前がついている。

17人目となる、新たに生まれた女の赤ちゃんは、「ジェニファー・ダニエル」ちゃんと名付けられた。

元州議会議員で、不動産業を営むジム・ボブさんは、「神様から新たな赤ちゃんを授かり、本当にうれしい。神様には、私たち家族がみんな、無事に生活していることを、心から感謝している」と語った。

ダガーさん一家は、16人目の赤ちゃんが生まれたあと、アーカンソー州北西部の街トンティタウンの新居に引っ越している。新居には浴室が9室あり、4台の洗濯機、4台の乾燥機を備え、子供たち部屋は寮形式になっている。

ダガーさん家族については、米ディスカバリー・チャンネルが番組を制作し、放映している。同番組によれば、ダガーさん一家の赤ちゃんは、6月以外の毎月に誕生。これまでに使ったおむつは9万枚で、ミシェルさんは通算126カ月─10.5年にわたって妊娠している計算になるという。

(CNN 8/6)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« あいと地球と競売人 | トップページ | OECD 中国の環境パフォーマンスレビュー報告書を出版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16030736

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい命を生み出せるのは母だけ:

« あいと地球と競売人 | トップページ | OECD 中国の環境パフォーマンスレビュー報告書を出版 »