« 「環境と金融」HP開設6周年を迎えて | トップページ | 資源Wars インドは中国以上の脅威 »

2007/08/21

環境技術で中国に協力、排出権を取得・政府方針

日本政府は大気汚染などが深刻な中国政府に対して新たな環境協力を提案する。来年度から日本側が中国内の民間工場などに技術や資金を提供し、大気汚染物質と温暖化ガスの排出削減に協力。見返りとして中国側から二酸化炭素(CO2)の排出権をもらう。京都議定書の目標達成が厳しい日本は、排出権を中国から得ることで目標達成に近づける狙いがある。

新たな協力は若林正俊環境相が21日午後、中国の周生賢・国家環境保護総局長と北京市内で会談し提案する。来年8月の北京五輪を控え大気汚染など環境対策が急務な中国は提案を受け入れる見通しだ。

(日経 8/21)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 「環境と金融」HP開設6周年を迎えて | トップページ | 資源Wars インドは中国以上の脅威 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16196052

この記事へのトラックバック一覧です: 環境技術で中国に協力、排出権を取得・政府方針:

« 「環境と金融」HP開設6周年を迎えて | トップページ | 資源Wars インドは中国以上の脅威 »