« 温暖化の影響、日本企業の開示に遅れ | トップページ | 中国 風力発電、昨年1年間の伸びは過去20年間分 »

2007/08/14

東南アジアで煤が地球温暖化を加速 ヒマラヤの氷河が溶ける一因に

カリフォルニア大学(サンディエゴ校)スクリップス海洋学研究所の研究チームは、煤等の大気汚染物質が充満した「茶色の雲」によって、下層大気の太陽熱の吸収量が50%増加する という研究結果を科学誌「ネイチャー」(8月2日付)に発表した。これにより、ヒマラヤの氷河が過去50年間に後退した理由も説明できるとしている。氷河はアジアの主要河川の源であり、急速な溶解が続けば、数十年後には、アジア南東部の下流域に大きな被害が出るおそれがある という。
 
これまで、煤などの大気汚染物質については、太陽光を吸収して温暖化を加速するという効果と、地表に届く太陽光を遮って地球の表面を冷却するという、相反する2つの効果が実証されてきた。
 
今回、ラマナサン教授率いる研究チームは、モルジブ上空で小型の無人飛行機を飛ばして、茶色の雲に含まれる煤の濃度、太陽光の吸収などに関するデータを入手。温室効果ガスに関するデータと茶色の雲に関するデータをコンピューターの気候モデルに入力し、シュミレーションを行った。
 
この結果、従来、茶色の雲は、温室効果ガスによる温室効果を50%カットすると考えられてきたが、「これは地球規模では正しいとしても、東南アジアにおいては、茶色い雲に含まれる煤の粒子が、温室効果ガスによる大気の温暖化を50%程度加速していることが明らかになった」という。

【UNEP】

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 温暖化の影響、日本企業の開示に遅れ | トップページ | 中国 風力発電、昨年1年間の伸びは過去20年間分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16117754

この記事へのトラックバック一覧です: 東南アジアで煤が地球温暖化を加速 ヒマラヤの氷河が溶ける一因に:

« 温暖化の影響、日本企業の開示に遅れ | トップページ | 中国 風力発電、昨年1年間の伸びは過去20年間分 »