« フランス 気候変動による健康リスクについて報告書を提出 | トップページ | サンパウロ商取、温暖化ガス排出権取引始まる »

2007/09/28

本格化する排出権事業 制度化では政府内で対立

◇産業界が率先。CDMの活用でCO2削減を図る日本

◇電力会社による排出権購入を促す日本政府

◇排出権ビジネスに、金融機関の参入相次ぐ

(日経ECOマネジメント 9/27)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« フランス 気候変動による健康リスクについて報告書を提出 | トップページ | サンパウロ商取、温暖化ガス排出権取引始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16595084

この記事へのトラックバック一覧です: 本格化する排出権事業 制度化では政府内で対立:

« フランス 気候変動による健康リスクについて報告書を提出 | トップページ | サンパウロ商取、温暖化ガス排出権取引始まる »