« GHG排出削減 視点変えるリコーの取り組み | トップページ | 金があれば幸せは買えるのか? »

2007/09/15

デング熱 媒介蚊、北海道へ北上、温暖化の影響

東南アジアなどで流行しているデング熱の原因ウイルスなどを媒介するヒトスジシマカの国内生息域が地球温暖化の影響で拡大し、現在の北限である秋田県から、今世紀末には北海道に及ぶとの予測を、国立感染症研究所のグループが15日までにまとめた。

現時点でデング熱の国内流行はないが、媒介蚊の生息域が広がると、流行の危険も大きくなる。

同グループの小林睦生・昆虫医科学部長は「患者や、ウイルスを保有した蚊を国内に入れないようにすることはできない。蚊の防除に力を入れるべきだ」と話している。

ヒトスジシマカはやぶ蚊の一種で、年平均気温11度以上の地域に定着する可能性がある。1950年代には栃木県が国内生息域の北限だったが、気温上昇や物流の拡大を受け、宮城、山形、岩手、秋田へと北上した。

小林部長らは、温暖化予測モデルを基に2035年と2100年の平均気温を算出し、ヒトスジシマカの生息域を予測した。すると、35年には青森県の八戸市、弘前市、青森市まで、2100年には北海道まで広がるとの結果になった。

(日経 9/15)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« GHG排出削減 視点変えるリコーの取り組み | トップページ | 金があれば幸せは買えるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16456319

この記事へのトラックバック一覧です: デング熱 媒介蚊、北海道へ北上、温暖化の影響:

« GHG排出削減 視点変えるリコーの取り組み | トップページ | 金があれば幸せは買えるのか? »