« 世界で最も汚染された地域、ロシア周辺に集中=米環境団体 | トップページ | 「先住民の権利宣言」国連総会で採択、米豪など4か国反対 »

2007/09/14

アジア各国から排出権、国が直接取得・環境技術を供与

政府は来年度から、インドやマレーシア、中国などアジア各国の政府との間で、環境技術を供与する代わりに二酸化炭素(CO2)の排出権を直接取得する新しい取り組みに乗り出す。これまでは商社などから購入していたが、京都議定書の目標達成が厳しくなっているため、排出権取得を加速する。

このほどインド、マレーシア、インドネシアと事務レベルの話し合いを始めた。この3カ国とは8月に温暖化対策の関係強化で合意しており、具体的な枠組みづくりを急ぐ。中国とは8月に発電所の省エネ技術などを提供する見返りに、排出権を取得することですでに合意している。

(日経 9/14)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 世界で最も汚染された地域、ロシア周辺に集中=米環境団体 | トップページ | 「先住民の権利宣言」国連総会で採択、米豪など4か国反対 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16448004

この記事へのトラックバック一覧です: アジア各国から排出権、国が直接取得・環境技術を供与:

« 世界で最も汚染された地域、ロシア周辺に集中=米環境団体 | トップページ | 「先住民の権利宣言」国連総会で採択、米豪など4か国反対 »