« 「消えたCO2買います」 キャンペーン | トップページ | アジア各国から排出権、国が直接取得・環境技術を供与 »

2007/09/14

世界で最も汚染された地域、ロシア周辺に集中=米環境団体

非営利の環境団体ブラックスミス研究所は12日、世界で最も汚染された地域10カ所のうち、4カ所がロシアと旧ソ連圏に集中しているとの報告を発表した。1986年に大規模な原発事故が起きたウクライナのチェルノブイリなどが含まれる。

ニューヨークを拠点とする同研究所の報告によると、このほか2カ所が中国、2カ所がインドにあるという。

報告では、これら10の地域は、合計1200万人前後にぜんそくなどの呼吸器疾患や出生異常、早死になどの健康問題を引き起こす可能性があると指摘。

同研究所のリチャード・フラー創設者兼所長は、簡単な土木計画などによってこれら多くの地域を安全にできるにもかかわらず、資金や政治的意思、技術力が欠落しているのが現状だと述べた。

(ロイター 9/12)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 「消えたCO2買います」 キャンペーン | トップページ | アジア各国から排出権、国が直接取得・環境技術を供与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16439900

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で最も汚染された地域、ロシア周辺に集中=米環境団体:

« 「消えたCO2買います」 キャンペーン | トップページ | アジア各国から排出権、国が直接取得・環境技術を供与 »