« あなたはいくらを、どこに寄付しますか? | トップページ | びわこ銀行 エコ・クリスタル定期預金 »

2007/10/13

温暖化ガス、中東初の排出権取引所・カタールに09年開設

カタールの大手金融機関、ドーハ銀行が同国政府の支援を受け、2009年に中東初の温暖化ガス排出権取引所を首都ドーハで開設する。12年に事実上、失効する京都議定書に代わる排出量削減枠組みの論議で中国、インドなど新興国の企業に規制を求める声が強いことから、今後は市場が急拡大すると判断。トヨタ自動車など主要日本企業にも参加を打診し始めた。

アジアの排出権取引を巡っては、米シカゴ気候取引所が参入を計画しており、ドーハ銀のラガバン・シーサラマン最高経営責任者(CEO)は15日にも米シカゴ気候取引所を訪問、京都議定書に基づくクリーン開発メカニズム(CDM)による取引ノウハウや先物商品の開発で技術提携を申し入れる方針。既に取引所をもつ欧米に比べてアジアに近いという地理的な利点も生かし、中印両国で予想される大規模な取引需要の取り込みを狙う。

(日経 10/13)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« あなたはいくらを、どこに寄付しますか? | トップページ | びわこ銀行 エコ・クリスタル定期預金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16750435

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化ガス、中東初の排出権取引所・カタールに09年開設:

« あなたはいくらを、どこに寄付しますか? | トップページ | びわこ銀行 エコ・クリスタル定期預金 »