« 大手商社、中国以外でも排出権獲得を強化 | トップページ | 温暖化ガス排出権をネット取引・国際協力銀、11月に新市場 »

2007/10/24

荒川の堤防もし決壊したら、最大240万人浸水被害

Arakawashinsui
国の中央防災会議は23日、東京都や埼玉県を流れる荒川が洪水ではんらんした場合の浸水想定をまとめた。埼玉県内で起きる洪水の場合、最大で首都圏の91万世帯、240万人が浸水区域に。より下流の東京都内で起きる洪水では、丸の内や銀座などの都心部が1―2メートル程度浸水する可能性がある。同会議では、この浸水区域をもとに今年度中に死者数、経済被害額などの被害想定を集計、2008年度内をメドに水害対策をまとめる。

(日経 10/24)

◆ハザードマップ 東京都

◆荒川 浸水想定区域図

◆江戸川 洪水氾濫シミュレーション

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 大手商社、中国以外でも排出権獲得を強化 | トップページ | 温暖化ガス排出権をネット取引・国際協力銀、11月に新市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16862686

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川の堤防もし決壊したら、最大240万人浸水被害:

« 大手商社、中国以外でも排出権獲得を強化 | トップページ | 温暖化ガス排出権をネット取引・国際協力銀、11月に新市場 »