« グリーンファンド | トップページ | 地球温暖化が世界経済を溶かすかも »

2007/10/10

アジアの大気汚染物質排出量、23年間で2・8倍に

アジア地域の大気汚染物質の排出量が、1980年からの23年間で約3倍に増えたことが、国立環境研究所が10日発表した調査結果で判明した。

特に中国とインドの排出量が多く、2020年にはさらに倍増する恐れがあるという。

環境研は、九州大などと共同で、アフガニスタン以東のアジア24か国の産業動向や統計データなどを分析。工場や火力発電所、自動車などから出る窒素酸化物(NOx)、二酸化硫黄(SO2)などの大気汚染物質の量を推定した。

その結果、2003年のアジア全体のNOx排出量は2950万トンで、1980年(1070万トン)の2・8倍になった。中でも中国とインドの割合が大きく、両国で66%を占めた。

中国の場合、NOx排出量は四半世紀で約4倍に増えた。排出増の主因は石炭を燃料に使った火力発電所と工場だった。

環境研は将来(2020年)の排出量も予測。やはり中国の動向がポイントで、中国が現状のままだと、アジア全体で00年に比べ80%以上増加するが、中国が対策を強化すれば、25%増にとどまるという。

環境研の大原利真・広域大気モデリング研究室長は「欧米の排出量は最近は横ばいで、石炭を多用するアジアの伸びが際だっている。公害防止技術の導入や規制強化を急ぐ必要がある」と話している。

(読売 10/10)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« グリーンファンド | トップページ | 地球温暖化が世界経済を溶かすかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16724320

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの大気汚染物質排出量、23年間で2・8倍に:

« グリーンファンド | トップページ | 地球温暖化が世界経済を溶かすかも »