« カーボンオフセット活動に参加 イオンの報告 | トップページ | 青く美しい地球 »

2007/10/01

北極の氷 最小記録 日本の3倍縮小

◇北極海の氷、減少止まる…衛星画像で判明

今夏、衛星観測開始以来の最小記録を更新し続けている北極海の海氷面積が、今月24日に425.5万平方kmを記録し、その後減少がストップしたことが、宇宙航空研究開発機構の衛星画像で明らかになった。

宇宙機構によると、氷は、7月上旬から急速に減少し始め、8月15日に観測史上最小を更新、9月24日まで減少を続けていた。24日の記録は過去最小記録(2005年9月22日)の531.5万平方kmより、日本列島の約3個分も小さく、シベリア、アラスカ沖での消失面積が大きい。

海氷面積が24日以降、回復傾向にあるのは、太陽が一日中沈まない白夜の季節が終わりを迎えるためと見られる。

(読売 9/30)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« カーボンオフセット活動に参加 イオンの報告 | トップページ | 青く美しい地球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16625026

この記事へのトラックバック一覧です: 北極の氷 最小記録 日本の3倍縮小:

« カーボンオフセット活動に参加 イオンの報告 | トップページ | 青く美しい地球 »