« 2009年10月に排ガス規制強化、ディーゼルで最高水準に | トップページ | 温暖化で東京沈没、そのビジュアルシナリオ »

2007/10/17

CO2削減の新たな方程式

◇地球温暖化は人類史上かつてない試練

現在では、以前より具体的なイメージがつかめるようになってきた。ここ数年に発表された一連の報告書によれば、CO2濃度が450ppmに達すると危険らしい。450ppmを超えると、グリーンランドと南極大陸の西側の氷床が解けだし、海水面が一気に上昇すると科学者は考えている。この数値は、最も確からしいとはいえ、あくまで推定にすぎないし、メタンや一酸化二窒素など、CO2より影響の少ない温室効果ガスは含まれていない。しかし、目安にはなるはずだ。この臨界値と現状の差は急速に縮まっている。このままCO2濃度が年に2ppmずつ増えつづけると、わずか35年で限界に達してしまう。

◇人類を破局から救う“15のくさび”

◇対策の総動員以外に方策はない

(NATIONAL GEOGRAPHIC)

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 2009年10月に排ガス規制強化、ディーゼルで最高水準に | トップページ | 温暖化で東京沈没、そのビジュアルシナリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16782663

この記事へのトラックバック一覧です: CO2削減の新たな方程式:

« 2009年10月に排ガス規制強化、ディーゼルで最高水準に | トップページ | 温暖化で東京沈没、そのビジュアルシナリオ »