« 末端まで届く資金の流れが重要に 経産省など新たな仕組みを模索 | トップページ | ヨシ原などの生物、6割「絶滅の恐れ」 »

2007/10/27

温暖化や人口増で「人類は危機に」 国連環境計画が警告

国連環境計画(UNEP)は25日、世界の環境に関する報告書「地球環境概況(GEO)4」を発表した。地球温暖化や種の絶滅、増大する人口への食糧供給の課題など、環境にまつわる多くの問題が未解決のままで、「人類は危険にさらされている」と警告。人口増加や経済成長、資源消費といった、環境に影響を与えるすべての要素を含めた政策の見直しを呼びかけている。

97年、00年、02年に続く第4弾となる今年は、国連環境特別委員会が報告書「共有の未来」をまとめた20年前と現状を比較。「当時指摘された主要な課題で、改善傾向にあるものはない」として、エネルギー消費の増加で、化石燃料による温室効果ガスの排出が3割以上増え、水資源の不足や生物多様性の損失も進んだと指摘した。

また、アジア地域で顕著な問題として、急速な都市化と自動車の増加による大気汚染や、工業化による水質汚濁、不完全な灌漑(かんがい)による土壌の塩化の深刻化などを挙げた。

(読売 10/26)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 末端まで届く資金の流れが重要に 経産省など新たな仕組みを模索 | トップページ | ヨシ原などの生物、6割「絶滅の恐れ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16884305

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化や人口増で「人類は危機に」 国連環境計画が警告:

« 末端まで届く資金の流れが重要に 経産省など新たな仕組みを模索 | トップページ | ヨシ原などの生物、6割「絶滅の恐れ」 »