« 「年収100万円台の非正社員」を放置していいのか | トップページ | ブラジルの森林再生に協力―リコーとバードライフ・アジア »

2007/10/05

235件めまでの京都メカニズム案件

今回承認されたのは、
三菱商事(株)が申請した
(1)中国甘粛省での3万7,500キロワットの水力発電所建設プロジェクト(年平均CO2排出削減量:CO2換算で11.2万トン)、
(2)中国福建省での4万8,000キロワットの水力発電所建設プロジェクト(同:12.1万トン)、
(3)中国福建省4万キロワットの水力発電所建設プロジェクト(同:11.3万トン)、
(4)中国福建省寿寧下東渓での2万5,000キロワットの水力発電所建設プロジェクト(同:11.3万トン)、中部電力(株)が申請した
(5)インドネシア・プラン島での養豚場糞尿貯蔵池からのメタンガス回収プロジェクト(同:17万トン)、
電源開発(株)か申請した
(6)チリ国Metrogas 社パッケージ熱併給発電プロジェクト(同:0.2万トン)。
--の6件のプロジェクト。
 
今回の承認分までで、日本の正式な京都メカニズム承認案件数は235件、全承認プロジェクトの年平均CO2排出削減量の合計はCO2換算で10,014.5万トンとなった。

【経済産業省】

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 「年収100万円台の非正社員」を放置していいのか | トップページ | ブラジルの森林再生に協力―リコーとバードライフ・アジア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16671688

この記事へのトラックバック一覧です: 235件めまでの京都メカニズム案件:

« 「年収100万円台の非正社員」を放置していいのか | トップページ | ブラジルの森林再生に協力―リコーとバードライフ・アジア »