« 地球温暖化が世界経済を溶かすかも | トップページ | アフリカ 貧困と戦争の連鎖 »

2007/10/11

ドイツ取引所、温暖化ガスの排出権取引に参入

フランクフルト証券取引所を運営するドイツ取引所は10日、二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出権取引に参入すると発表した。傘下の先物・オプション取引所「ユーレックス」が独ライプチヒの欧州エネルギー取引所(EEX)と組み、12月からCO2排出権先物の取引を始める。欧州最大手であるオランダの欧州気候取引所(ECX)を追撃する構えで、市場拡大に拍車がかかりそうだ。

12月5日からEEXで取引されているCO2排出権先物をユーレックスのシステムでも取引できるようにする。ユーレックスは決済機能も提供する。他の取引機能も順次提供していく。

(日経 10/11)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 地球温暖化が世界経済を溶かすかも | トップページ | アフリカ 貧困と戦争の連鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16733838

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ取引所、温暖化ガスの排出権取引に参入:

« 地球温暖化が世界経済を溶かすかも | トップページ | アフリカ 貧困と戦争の連鎖 »