« CO2削減の新たな方程式 | トップページ | 「京都後」の枠組み作り、日本は主導権を・IPCC議長会見 »

2007/10/17

温暖化で東京沈没、そのビジュアルシナリオ

2007年のノーベル平和賞を、アル・ゴア前米副大統領とともに受賞したIPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、第3次報告書でこう警告した。「地球の平均気温は20世紀に約0.6度高くなった。今後、2100年までの間にさらに1.4~5.8度高くなり、海面は0.1~0.9メートル上昇する恐れがある」。

そのとき、東京はどう沈没していくのだろう。考えられるのは、「縄文海進(じょうもん・かいしん)」の時代に逆戻りしていく、というシナリオである。

◇グリーンランドの氷は海面上昇7m分

◇約6000年前、海面は3~5メートル高かった

◇地球温暖化で縄文時代に逆戻り

◇埋め立てで広がる陸地

◇江戸以降の埋め立て地も沈んでいく

(日経BP 10/17)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« CO2削減の新たな方程式 | トップページ | 「京都後」の枠組み作り、日本は主導権を・IPCC議長会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16791579

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化で東京沈没、そのビジュアルシナリオ:

« CO2削減の新たな方程式 | トップページ | 「京都後」の枠組み作り、日本は主導権を・IPCC議長会見 »