« マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ | トップページ | 「体験」が環境教育のカギ »

2007/11/08

「2050低炭素社会」 現実性と課題

◇2050年の理想の日本社会を検討

◇経済のカギを握るのは、第1次・第3次産業?

◇環境問題に対して深い知識を持つライフスタイルが目標

◇個別に見ると浮き彫りになる、超長期ビジョンの疑問点

(日経BP 11/8)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ | トップページ | 「体験」が環境教育のカギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17016936

この記事へのトラックバック一覧です: 「2050低炭素社会」 現実性と課題:

« マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ | トップページ | 「体験」が環境教育のカギ »