« 築地市場移転の汚染対策費は670億円 | トップページ | 「2050低炭素社会」 現実性と課題 »

2007/11/08

マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ

マツダは7日、ノルウェーが国家プロジェクトとして進める水素エネルギー利用に協力することで合意し、都内のノルウェー大使館で覚書に署名した。

マツダは環境対応車として開発した水素自動車「RX―8ハイドロジェンRE」30台を、ノルウェーの政府系団体に2008年夏からリース方式で順次納入する。「環境問題はますます重要になっており、ノルウェーの水素エネルギーの基盤整備に協力したい」(井巻久一社長)としている。

ノルウェー政府は地球温暖化対策として、水素エネルギーの実用化を目指している。

09年には首都オスロから西部の港湾都市スタバンゲルまでの高速道路約580キロに水素燃料を補給するスタンドを作り、水素自動車が走行できるようにするという。

〔共同 11/8〕

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 築地市場移転の汚染対策費は670億円 | トップページ | 「2050低炭素社会」 現実性と課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17016736

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ:

« 築地市場移転の汚染対策費は670億円 | トップページ | 「2050低炭素社会」 現実性と課題 »