« 中国とシンガポール、環境対応型の都市を天津に | トップページ | 「温暖化防止おひさまファンド」の募集開始 »

2007/11/19

「環境研究オンライン・アクセス(OARE)」に100カ国が参加

UNEP、エール大学、国際STM(科学・技術・医学)出版社協会、340以上の国際出版社、学会等は、2006年に「環境 研究 オンライン・アクセス(OARE)」を立ち上げた。
 
昨年の第1フェーズには、無料または低価格でサービスが提供され、1人当たりの収入が1000ドル以下の70カ国の最貧国が参加し、今年の第2フェーズには1人当たりの収入が1000ドルから3000ドルの37カ国が新たに加わった。第2フェーズからは3カ月の無料トライアル期間の後、年間1000ドルの費用がかかる。
 
マイクロソフトと図書館システムベンダーのEx Librisがパートナーとなり、途上国も、ネットを通して研究論文の全文に直接アクセスし、入手できるようになった。

【UNEP】

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 中国とシンガポール、環境対応型の都市を天津に | トップページ | 「温暖化防止おひさまファンド」の募集開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17122687

この記事へのトラックバック一覧です: 「環境研究オンライン・アクセス(OARE)」に100カ国が参加:

« 中国とシンガポール、環境対応型の都市を天津に | トップページ | 「温暖化防止おひさまファンド」の募集開始 »