« EU排出量取引制度に ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン各国の排出量取引制度がリンク | トップページ | マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ »

2007/11/08

築地市場移転の汚染対策費は670億円

東京・築地にある中央卸売市場の移転先となっている豊洲地区(江東区)で環境基準の約1000倍となるベンゼンが検出された土壌汚染問題で、東京都は7日、汚染除去費は総額670億円に上るとの試算を明らかにした。

費用は約47ヘクタールの予定地での土壌と地下水の詳細調査や汚染物質が見つかった場合の土壌除去費、地下水の浄化処理費などで対策工事は2010年度に終わるとしている。

開業時期は2012年度初めを予定していたが、詳細調査などのため13年3月を目標にするとした。

豊洲地区は東京ガスの工場跡地。都は対策費について同社の工場操業が原因で発生した汚染部分について分担できないか協議を求めていく方針。

〔共同 11/8〕

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« EU排出量取引制度に ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン各国の排出量取引制度がリンク | トップページ | マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17016692

この記事へのトラックバック一覧です: 築地市場移転の汚染対策費は670億円:

« EU排出量取引制度に ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン各国の排出量取引制度がリンク | トップページ | マツダ、ノルウェーに水素自動車30台を納入へ »