« ポスト京都 セクトラル・アプローチなら参加国の幅を広げられる | トップページ | 南極は破局寸前 国連事務総長が声明 »

2007/11/11

温暖化ガスの排出権移転、国際登録システムが始動

国連が認めた温暖化ガスを排出できる権利(排出権)を各国に移転する国際的なシステムが、今月中旬に稼働する見通しとなった。まず日本と接続し、日本企業などが取得した排出権が日本の登録簿に明記される。排出権の売買が活発になることが予想され、経済産業省は価格算定など取引ルールの整備に乗り出す。

このシステムは国連が管理する「国際取引ログ(ITL)」。国連が認定した排出権(現在約9200万トン)を各国政府が管理する登録簿に移転する。国連と日本の間で接続テストを実施し、問題がないことが確認された。年内にはスイスやニュージーランド、年明けには欧州連合(EU)などとも接続される見通しだ。

(日経 11/11)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« ポスト京都 セクトラル・アプローチなら参加国の幅を広げられる | トップページ | 南極は破局寸前 国連事務総長が声明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17046043

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化ガスの排出権移転、国際登録システムが始動:

« ポスト京都 セクトラル・アプローチなら参加国の幅を広げられる | トップページ | 南極は破局寸前 国連事務総長が声明 »