« 中田英寿 責任編集 | トップページ | 北極海海氷の「大崩壊」 »

2007/11/26

再生エネルギー、EUが対GDP比で転換義務付けへ

欧州連合(EU)は風力や太陽光など加盟国の再生可能エネルギー利用の拡大を、国内総生産(GDP)比で義務付ける方針を決めた。消費エネルギーが多く、経済規模が大きい国ほどエネルギー転換量も大きくなる仕組み。石油など化石燃料の使用を抑えて温暖化ガスの排出削減を加速するために定めた再生エネルギー利用目標の達成を急ぐ。既に利用割合が高い北欧諸国にも一層の利用拡大を促す。

欧州委員会が来年1月をメドに加盟国に提案する。再生エネルギーの利用拡大を二酸化炭素(CO2)など温暖化ガス排出削減策の柱と位置付け、EU全体で取り組む。

(日経 11/26)

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 中田英寿 責任編集 | トップページ | 北極海海氷の「大崩壊」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17199445

この記事へのトラックバック一覧です: 再生エネルギー、EUが対GDP比で転換義務付けへ:

« 中田英寿 責任編集 | トップページ | 北極海海氷の「大崩壊」 »