« 中国 温総理、気候変動問題で中国の立場を説明 | トップページ | EU、貧困国家と「世界気候変動連盟」を結成へ »

2007/11/23

中国、環境汚染要素と健康被害を全国で調査へ

21日にスタートした「国家環境・健康行動計画(2007~2015)」によると、中国は主要環境要素と環境による健康被害についての調査を全土で展開する。調査によって、環境汚染が引き起こした健康被害の類別や分布状況を把握でき、環境と健康に関連する活動の実施に科学的根拠を提供する。

「全国汚染源センサス」では、深刻な健康被害をもたらした、またはもたらす可能性のある重度環境汚染地域で、汚染源と汚染経路、汚染物質、汚染レベルの調査を行う。これらが健康に与える影響を調査で総合的に把握し、全国と各地域で優先的に抑制すべき汚染物質のリストを作成。環境アセスメントや汚染物の処理・抑制・監視の際に参考とする。

計画によると、中国は5つの国家級環境・健康監視ネットワークを構築予定で、即時的かつ系統的に環境汚染、健康被害を監視する。ネットワークはそれぞれ▽飲用水安全と健康監視ネットワーク▽大気汚染と健康監視ネットワーク▽土壌環境と健康監視ネットワーク▽異常気象災害と健康監視ネットワーク▽公共スペースの衛生、特定スペースでの生物安全監視ネットワーク――の5つ。

「人民網日本語版」2007年11月22日

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 中国 温総理、気候変動問題で中国の立場を説明 | トップページ | EU、貧困国家と「世界気候変動連盟」を結成へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17157732

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、環境汚染要素と健康被害を全国で調査へ:

« 中国 温総理、気候変動問題で中国の立場を説明 | トップページ | EU、貧困国家と「世界気候変動連盟」を結成へ »