« UNEP 環境関連雇用について報告書を公表 | トップページ | CO2削減:10年度から大規模事業所に義務化へ 東京都 »

2007/12/20

2025年度にCO2排出1億トン抑制、日立が長期計画

日立製作所は20日、製品の環境対応により2025年度に二酸化炭素(CO2)排出量1億トンの抑制を目指す長期計画「環境ビジョン2025」を策定したと発表した。原子力発電事業の拡大や、家電などの高効率化に注力する。グループの環境戦略を統括する最高環境戦略責任者(CEnO)も置く。

既存製品を日立グループの省エネ製品に置き換えた場合の排出抑制量を25年度時点で1億トンとする。東京ドーム約4万個分で、温暖化防止のために世界で必要な抑制量の0.7%に相当すると試算している。1億トンのうち約8割を石炭火力発電の効率化や原子力発電への切り替え、風力発電の拡大などエネルギー関連で、残り約2割を省エネ型の家電やIT(情報技術)機器の普及などで見込む。

独自基準で認定している「環境適合製品」を拡大する。同製品群のグループ売上高を10年度に6兆6000億円と06年度の約2倍に増やす。製品売上高全体に占める割合は06年度の約30%から10年度は約50%に高める。

(日経 12/20)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« UNEP 環境関連雇用について報告書を公表 | トップページ | CO2削減:10年度から大規模事業所に義務化へ 東京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17430888

この記事へのトラックバック一覧です: 2025年度にCO2排出1億トン抑制、日立が長期計画:

« UNEP 環境関連雇用について報告書を公表 | トップページ | CO2削減:10年度から大規模事業所に義務化へ 東京都 »