« 中国、鳥インフルで死亡した男性の父親も感染 | トップページ | 200の氷河湖、決壊の恐れ――ヒマラヤ調査機関が報告 »

2007/12/10

アマゾンの森林55%壊滅も――地球温暖化加速の恐れ

環境保護団体「世界自然保護基金」(WWF)は6日、世界最大級の熱帯雨林がある南米アマゾン川流域について、開発や地球温暖化で2030年までに森林の55%が壊滅的な打撃を受け、それが地球環境の悪化を加速する恐れがあるとする報告を発表した。

気候変動枠組み条約締約国会議を開催中のインドネシア・バリ島でWWFが発表した報告書「アマゾンの悪循環」によると、アマゾン川流域は太陽光や熱を大量に吸収、地球を冷やしている。

しかし、農園開発や森林伐採、火災、干ばつが現状の勢いで続くと、30年までに55%の森林が消失するか、森林機能が激しく劣化。近年の世界的なバイオ燃料、大豆、食肉の需要増大で、森林破壊のペースはさらに早まる可能性がある。

アマゾンの森林劣化は地球規模の温暖化を加速し、南米だけでなく、北米の穀倉地帯や東アジア、インドにまで降雨量減少などの影響が及ぶという。

今回の気候変動枠組み条約締約国会議は、今後の国際交渉の行程表づくりに次いで森林保護が重要課題。WWFの報告書は熱帯雨林の保全のため、森林火災の防止のほか、森林を保護する発展途上国に対価を与える新たな仕組みが必要と指摘している。

(共同 12/6)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 中国、鳥インフルで死亡した男性の父親も感染 | トップページ | 200の氷河湖、決壊の恐れ――ヒマラヤ調査機関が報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17326162

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンの森林55%壊滅も――地球温暖化加速の恐れ:

« 中国、鳥インフルで死亡した男性の父親も感染 | トップページ | 200の氷河湖、決壊の恐れ――ヒマラヤ調査機関が報告 »