« 未来に待っている「ひもじさ」 | トップページ | ドイツ CDMの活用に関する研究報告書が完成 »

2007/12/26

イギリス アフリカにおけるCDMプロジェクト促進イニシアティブを発表

イギリスのヒラリー・ベン環境大臣が12月12日、バリでの気候変動枠組条約第13回締約国会議等において、アフリカにおける持続可能な開発と炭素市場投資を促進する革新的イニシアティブ「アフリカン・スプリングボード」を発表した。
 
イギリスの政府と銀行や企業等が協力し、CDMプロジェクトの登録数が全世界の僅か2.6%というアフリカにおいて、CDMプロジェクトの開発を促進しようというもの。「ナイロビ枠組み(ナイロビ・フレームワーク*)」関係者との連携の下、他政府や団体による既存のプログラムを補完する形で実施される。
 
アフリカではプロジェクト実施能力の欠如や現地資本及び民間セクターの脆弱さがCDM事業の障害となっていることを考慮し、本事業は開始から3年以内は補助を受ける予定。
 
イギリスは立ち上げ費用として20万ドルを拠出し、現地プロジェクトサイトにおける人的支援等も行う。2008年1月にアフリカに事務局を開設し、同年半ばまでには、現時点でプロジェクトのないサハラ以南アフリカ諸国より3カ国を選定し駐在員を配置する。
 
初年度に、200万ドルのCDM投資を生み出すことが期待されている。

【イギリス環境・食糧・農村地域省】

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 未来に待っている「ひもじさ」 | トップページ | ドイツ CDMの活用に関する研究報告書が完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17481530

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス アフリカにおけるCDMプロジェクト促進イニシアティブを発表:

« 未来に待っている「ひもじさ」 | トップページ | ドイツ CDMの活用に関する研究報告書が完成 »