« ドイツ CDMの活用に関する研究報告書が完成 | トップページ | インドネシアで新たな鳥インフルエンザ死者、94人目 »

2007/12/26

気候変動と紛争に関する報告書 紛争リスクの高いホットスポットを特定

ドイツ連邦政府気候変動諮問委員会は、12月10日、気候変動と紛争に関する報告書「安全保障リスクとしての気候変動」を公表した。
 
報告書は、気候変動によって紛争が生じる原因として、淡水の減少、食糧生産の減少、暴風雨や洪水被害の増加、環境難民という4点を指摘。また、不安定化しやすい国・社会の要因として、政治体制が移行中であること、経済活動のレベルが低く、同時に、人口が多いまたは人口密度が高いことなどを挙げた。現在、隣国が紛争状態にある国々、あるいはごく最近、国内で紛争が起きた国々も、新たな紛争に巻き込まれるおそれがあるという。
 
気候変動によって、特に不安定となるリスクが高い地域(ホットスポット)としては、アフリカ北部・南部、サヘル周辺諸国、インド、パキスタン、バングラデッシュ、中国、カリブ海・メキシコ湾岸地域の一部、アンデス地域、アマゾン地域などが指摘されている。

【UNEP】

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« ドイツ CDMの活用に関する研究報告書が完成 | トップページ | インドネシアで新たな鳥インフルエンザ死者、94人目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17481543

この記事へのトラックバック一覧です: 気候変動と紛争に関する報告書 紛争リスクの高いホットスポットを特定:

« ドイツ CDMの活用に関する研究報告書が完成 | トップページ | インドネシアで新たな鳥インフルエンザ死者、94人目 »