« 温暖化でペンギンが危機・南極で氷解け繁殖地減少 | トップページ | 商品カタログに×マーク――コクヨ、環境配慮で判断 »

2007/12/12

原油流出の被害広がる――韓国、除去に2カ月以上

韓国忠清南道沖の黄海でのタンカー原油流出事故は10日までに、同道泰安半島沿岸のアワビやカキの養殖場のほか、観光名所の海水浴場に大量の原油が漂着、被害が広がっている。原油の除去作業だけでも2カ月以上かかるとみられ、海鳥などへの被害も深刻だ。

韓国メディアによると、泰安郡の養殖場の被害は全体の約6割に当たる約3500ヘクタールに上る見通し。姜武賢海洋水産相は9日、大量の流出原油が沿岸部の海底に沈殿、海洋生物や生態系に大きな被害が出ていると指摘、「仮に一部生き残ってもしばらくは(商品としての)流通は不可能だ」と語った。

軍や行政機関、地元住民らが人海戦術で原油の除去作業に当たっているが、人手や資材不足のため手付かずの地域もある。

今回の事故は7日、香港籍タンカーと浮きドックが衝突、推定で約1万500キロリットルの原油が流出。韓国の近海では過去最悪の汚染事故となった。

[Ecolomy 12/10]

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 温暖化でペンギンが危機・南極で氷解け繁殖地減少 | トップページ | 商品カタログに×マーク――コクヨ、環境配慮で判断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17344844

この記事へのトラックバック一覧です: 原油流出の被害広がる――韓国、除去に2カ月以上:

« 温暖化でペンギンが危機・南極で氷解け繁殖地減少 | トップページ | 商品カタログに×マーク――コクヨ、環境配慮で判断 »