« 先進国企業が途上国で責任を果たせない理由 | トップページ | ポストGDP 進歩・豊かさ・福祉を測る新たな指標を求めて »

2007/12/02

オーストラリア 京都議定書批准へ

11月24日のオーストラリア総選挙で野党の労働党が勝利し、同党のケビン・ラッド党首が次期首相となることが決定した。
 
ラッド氏は、新政権の重点課題の一つに、気候変動問題と水問題への対応を掲げ、京都議定書の批准に意欲を示している。記者から「いつ京都議定書を批准するのか」と問われたラッド氏は、11月26日午後にも批准に必要な行政手続きについて担当省と協議すると述べ、早急に取り組む姿勢を示した。
 
また、インドネシアのユドヨノ大統領から、12月の気候変動枠組条約締約国会議に招待されたことを受けて、ラッド氏自ら参加する考えであることを明らかにした。
 
イギリスのブラウン首相とも、気候変動問題で両国の協力を強化していくことを話し合った。

【オーストラリア労働党】

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 先進国企業が途上国で責任を果たせない理由 | トップページ | ポストGDP 進歩・豊かさ・福祉を測る新たな指標を求めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17250379

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア 京都議定書批准へ:

« 先進国企業が途上国で責任を果たせない理由 | トップページ | ポストGDP 進歩・豊かさ・福祉を測る新たな指標を求めて »