« エコブームで注目される「大豆エネルギー」の暗黒面 | トップページ | UNEP 企業や政府の気候変動防止行動、気候変動の影響・適応、世界の再生可能エネルギーの現状に関する報告書を公表 »

2007/12/13

暖かい北極海、今夏一部で平均より5度も高く

北極海の一部の海水面が、今年夏、過去100年の平均水温を5度も上回る高温を記録したと、米ワシントン大の研究者らが12日、発表した。

太陽光を反射しやすい海氷が年々減少し、露出した海水が熱を吸収したためとみられる。

その影響で、冬に入ってからの海氷の生成は例年より最長2か月遅くなった。温暖化が温暖化を加速させるという悪循環が現実になってきた。

研究チームは、7~9月にかけての衛星の観測データを分析し、北極海全体の海表面の温度分布を割り出した。

過去100年の平均値と比べた温度差は、2000年以降、急速に拡大し、07年はアラスカから東シベリアにかけての北側に平均温度を3度から4度も上回る海域が広がった。中には平均値より5度高いセ氏4度を記録したところもあった。

これらの海域では、吸収された熱が冬に入って放出されるため、海氷の生成が通常より2週間から2か月遅れた。研究者らは「冬の氷の成長、そして翌夏の氷の解けやすさに影響するのではないか」と懸念している。

(2007年12月13日 読売新聞)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« エコブームで注目される「大豆エネルギー」の暗黒面 | トップページ | UNEP 企業や政府の気候変動防止行動、気候変動の影響・適応、世界の再生可能エネルギーの現状に関する報告書を公表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17361031

この記事へのトラックバック一覧です: 暖かい北極海、今夏一部で平均より5度も高く:

« エコブームで注目される「大豆エネルギー」の暗黒面 | トップページ | UNEP 企業や政府の気候変動防止行動、気候変動の影響・適応、世界の再生可能エネルギーの現状に関する報告書を公表 »