« CO2排出権を政府に提供・セブン&アイ | トップページ | 国際協力銀、温暖化対策ファンド・省エネ技術導入、アジア諸国支援 »

2008/01/10

温暖化関連の災害拡大──過去25年で4―6倍に

洪水や暴風雨など地球温暖化に関連しているとされる気象災害の数が過去約25年の間に4―6倍に増加、被害を受ける人の数も死者数も急増しているとの調査結果を、貧困と環境の問題に取り組む民間団体オックスファム(本部・英国)が8日までにまとめた。

オックスファムは「温暖化が原因の災害では、発展途上国の貧しい人々が最も大きな被害を受けている」と指摘。先進国に、一層の温室効果ガスの排出削減と途上国援助の拡大を求めた。

国連や各国の統計を基にした調査の結果、洪水や暴風雨、地震など大規模な災害の年間発生数は、1980年の約120件から2006年には約500件に増加していることが分かった。

中でも洪水の数は6倍、暴風雨は4倍と増加が目立った。87―96年に29件だった熱波も、97―06年には76件と急増し、地球温暖化の進行と災害の増大との関連が現実のものとなっていることをうかがわせた。

災害の被害を受けた人は、85―94年の間の平均の年1億7400万人から、95―2006年の間には同2億5400万人に増え、暴風雨や洪水などの気象災害による死者数も80年の年約6000人から05年の同1万4000人超に増加。アジアやアフリカの途上国で特に被害が目立った。

オックスファムは「アフリカやメキシコでの大規模な洪水、米カリフォルニア州やオーストラリアでの熱波や山火事など、07年にも気象災害は多発しており、このまま温暖化が進めば被害はどんどん大きくなる」と警告した。

〔共同 1/8〕

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« CO2排出権を政府に提供・セブン&アイ | トップページ | 国際協力銀、温暖化対策ファンド・省エネ技術導入、アジア諸国支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17635990

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化関連の災害拡大──過去25年で4―6倍に:

« CO2排出権を政府に提供・セブン&アイ | トップページ | 国際協力銀、温暖化対策ファンド・省エネ技術導入、アジア諸国支援 »