« イタリア・ナポリ ゴミ収集ストップ、街は暴動寸前 | トップページ | 温暖化:アジア大都市への影響…世銀など共同研究始める »

2008/01/07

松下電器、気候変動への取り組みでCDLIに選定

松下電器産業は、気候変動に対する戦略で優れた取り組みや情報開示を行っている企業で構成する「Climate DisclosureLeadership Index:CDLI)」に初めて選定されたと発表した。家庭用消費財分野からの選定は同社のみ。

CDLIは、気候変動が投資対象企業にもたらすリスクと機会を評価することを目的とするカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)が行うもの。フィナンシャル・タイムズ紙の企業時価総額ランキングに属する世界のトップ500社(FT500)など主要な企業を対象にして、気候変動に対する取り組みなどについて調査し、優れた情報開示を行っている企業を選定する。

2007年度の第5回調査では、約24000社に調査が行われ、FT500中68社が選定された。

(日経エコロジー、EMF)

◆Companies, Carbon and Climate Change: The Carbon Disclosure Project Issues its 5th Global Corporate Climate Change Report

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« イタリア・ナポリ ゴミ収集ストップ、街は暴動寸前 | トップページ | 温暖化:アジア大都市への影響…世銀など共同研究始める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17603739

この記事へのトラックバック一覧です: 松下電器、気候変動への取り組みでCDLIに選定:

« イタリア・ナポリ ゴミ収集ストップ、街は暴動寸前 | トップページ | 温暖化:アジア大都市への影響…世銀など共同研究始める »