« 気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」 | トップページ | 温暖化:今世紀末には最大6度上昇も…国内平均気温予測 »

2008/01/08

環境省、「エコポイント」の全国共通システム構築へ

環境省は2008年度から、ごみ減量、省エネなどに配慮した環境にやさしい商品の購入の際に加算されるエコポイントを全国共通で使えるシステム構築に乗り出す。

地域的に実施されている既存のエコポイント制度を取り込む形で、利用できる業種や地域を拡大するのが狙い。環境への貢献と同時に経済効果も視野に入れた永続的な仕組みを目指す。

エコポイントは、環境問題に関心の高い自治体で導入されているケースが多い。環境への負担が少ない商品やサービスを購入するとポイントが加算され、たまったポイント分の商品が購入できる。しかし、その原資は自治体の補助金などで賄うことが多く、事業拡大できないという欠点があった。そのため同省の新たな制度は、参加企業に商品につけるポイント数を決めてもらい、そのポイント分の原資も分担してもらう。ポイントの流通管理はクレジットカードや量販店など既存のポイントシステムを活用し、導入しやすくする。企業側には環境問題に取り組む積極的な姿勢と商品のアピールも同時にできるメリットがある。

(2008年1月8日 読売新聞)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」 | トップページ | 温暖化:今世紀末には最大6度上昇も…国内平均気温予測 »

コメント

はじめて書き込みさせていただきます。

エコポイントを中心にした、環境省の各種取り組みを調べていて、こちらにたどり着きました。

先進国については、企業や工場の部門から排出される温室効果ガスは横ばいであるのに対し、家庭部門の排出量が 今だ激増中、と聞いています。

全体に占める割合はたしかに小さいかもしれませんが、私たちの 無理のない生き方、ライフスタイルの問題として、家庭や日常生活の重要性を とみに感じています。

TBがうまく張れませんでしたので、URLの方から確認していただけると、ありがたいです。

投稿: コンドウ | 2008/02/22 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17626196

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省、「エコポイント」の全国共通システム構築へ:

« 気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」 | トップページ | 温暖化:今世紀末には最大6度上昇も…国内平均気温予測 »