« 温室ガスの排出量市場 東証と工業品取引所が共同研究 | トップページ | シベリア永久凍土、温暖化で急速に融解 »

2008/01/16

IBMやソニーなど4社、環境保護関連特許を無償開放

米IBM、ソニー、ノキア、米郵便事務機器大手ピツニーボウズは14日、環境保護関連特許を無償で開放すると発表した。特許係争を回避しながら環境関連技術を実用化するための道筋を整える。

4社は「エコ―パテント・コモンズ」と名付けた活動を始めた。持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)のウェブに専用サイトを開設。ここを通じて各社が関連特許を公開する。原則として誰もが公開特許を応用技術の開発に使えるという。

手始めに約30の関連特許が公開された。IBMは容易にリサイクルできる包装素材、ノキアは携帯電話のリサイクル技術の特許などを公開した。4社は参加企業を広く募りたいとしている。

(日経 1/16)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 温室ガスの排出量市場 東証と工業品取引所が共同研究 | トップページ | シベリア永久凍土、温暖化で急速に融解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17720278

この記事へのトラックバック一覧です: IBMやソニーなど4社、環境保護関連特許を無償開放:

« 温室ガスの排出量市場 東証と工業品取引所が共同研究 | トップページ | シベリア永久凍土、温暖化で急速に融解 »