« 松下電器、気候変動への取り組みでCDLIに選定 | トップページ | 気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」 »

2008/01/07

温暖化:アジア大都市への影響…世銀など共同研究始める

地球温暖化がアジアの海岸部にある大都市に与える影響を予測するプロジェクトを、世界銀行、アジア開発銀行と日本の国際協力銀行(JBIC)が共同で始めた。海面の上昇に伴う水害の多発など2050年ごろに起きる物理的・経済的被害を描き出し、対策を検討する。成果は7月の北海道洞爺湖サミットなどで公表し、途上国支援につなげる。

温暖化に伴う海水面の上昇は、高潮被害などをもたらす。また、台風やハリケーンは大型化するとされる。このため、国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が昨年まとめた第4次報告書は、温暖化の被害を最も受けやすい地域の一つとして、人口の集中したアジアの海岸部やデルタ(三角州)地域を挙げた。

今回の対象は、これらに該当するフィリピン・マニラ▽インドネシア・ジャカルタ▽ベトナム・ホーチミン▽タイ・バンコク▽インド・コルカタなど2都市▽パキスタン・カラチ--の計7地域。

プロジェクトでは、東京大などの協力を受け、各都市の50年時点の気温や降水量、海面や河川水位の上昇量、台風の強さと上陸回数を予測。各都市が被る洪水や高潮被害の範囲や程度を評価する。

この被害評価に基づき、堤防など防災のための施設整備や土地利用の見直し、衛生・感染症対策などについて都市ごとに具体的な対策を提言する。

JBICの荒川博人・開発金融研究所長は「気候変動がアジアの大都市に与える影響の研究は遅れている。被害を軽減できるよう、適応策支援に力を入れたい」と話している。

毎日新聞 2008年1月7日

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 松下電器、気候変動への取り組みでCDLIに選定 | トップページ | 気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17616569

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化:アジア大都市への影響…世銀など共同研究始める:

« 松下電器、気候変動への取り組みでCDLIに選定 | トップページ | 気候変動より深刻な資源枯渇「危機は2020年より前に到来」 »