« 少女がH5N1型感染、母から移った可能性も WHO | トップページ | 「王様」ペンギン、温暖化で減少の恐れ 仏研究チーム »

2008/02/13

船舶排出温室ガスは11億トン――従来推定の3倍・国連調査

13日付英紙、ガーディアンは、船舶が排出する温室効果ガスは年間11億2000万トンと、従来推定されていた排出量の約3倍に達するとの調査を国連がまとめたと報じた。

全排出量の4.5%に当たり、自動車や住宅、農業などに次ぐ規模。削減圧力が強い航空機の2倍以上の量で、2%未満として影響を軽視、本格的な対策を講じてこなかった各国政府は戦略の見直しを迫られそうだ。

「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」のパチャウリ議長は「これまでの議論から船舶分が抜け落ちていた。次の議論にはこれを含めて合意しなければ、責任逃れになってしまう」と指摘した。

これまでは船舶会社が購入した燃料の量から推定。最大に見積もって4億トンと推定されていた。しかし今回はそれに、エンジンの大きさや航海時間などのデータを加え、国際的な科学者グループが推定した。

現状を放置すれば、排出量は2020年までにさらに30%増えると調査は予想。肺がんなどを引き起こすとされる汚染物質の排出も深刻で、今後12年間に30%増えると警告している。

(共同 2/13)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 少女がH5N1型感染、母から移った可能性も WHO | トップページ | 「王様」ペンギン、温暖化で減少の恐れ 仏研究チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40113823

この記事へのトラックバック一覧です: 船舶排出温室ガスは11億トン――従来推定の3倍・国連調査:

« 少女がH5N1型感染、母から移った可能性も WHO | トップページ | 「王様」ペンギン、温暖化で減少の恐れ 仏研究チーム »