« インフルエンザ、欧州でタミフル「耐性」急増・日本流入の恐れも | トップページ | 鳥インフルエンザ死者急増・インドネシア、住宅街で鶏処理禁止 »

2008/02/04

世界の排出権取引80%増・07年6兆3000億円

温暖化ガスの排出権取引が急拡大している。2007年の世界の取引総額は404億ユーロ(6兆3000億円)と前年に比べ80%増えた。グローバル企業が排出権購入を増やしていることが背景にある。1月には欧米にまたがる証券取引所のNYSEユーロネクストが新たに参入した。投資マネーの流入で、売買は今後一段と活発になりそうだ。

調査会社ポイントカーボンによると、欧州域内での排出権取引額は280億ユーロと前年の1.5倍に増えた。欧州連合(EU)が企業に対し、排出できる温暖化ガスの上限をいち早く設定したためだ。金融機関が今後の成長事業と位置づけて売買を増やしており、取引所経由に加え、相対での取引も盛り上がっている。

(日経 2/4)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« インフルエンザ、欧州でタミフル「耐性」急増・日本流入の恐れも | トップページ | 鳥インフルエンザ死者急増・インドネシア、住宅街で鶏処理禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/17958914

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の排出権取引80%増・07年6兆3000億円:

« インフルエンザ、欧州でタミフル「耐性」急増・日本流入の恐れも | トップページ | 鳥インフルエンザ死者急増・インドネシア、住宅街で鶏処理禁止 »