« リーマン、日本の排出権取引市場に参入 | トップページ | 環境都市ランキング:総合で東京は7位 自然災害発生の可能性では最下位 »

2008/02/27

中国 「高汚染、高環境リスク」製品のブラックリストが初公開

国家環境保護総局の潘岳副局長は26日、6産業におよぶ、141種の「汚染がひどく、環境リスクが高い」製品のリストを公開した。リストアップされている製品のうち、輸出税還付の優遇策を有する農薬、塗料、電池、有機ヒ素などの39種類の製品に対し、同局は、財政部、税務総局に、その輸出税還付を取り消す提案をし、商務部、税関などの部門に、その加工貿易を禁止する提案を行った。

潘岳副局長は、「環境保護総局はまた、「高汚染、高環境リスク」製品リストの動的管理データバンクを構築しようとしており、常時、新たな製品や情報を補充し、速やかに国内外に公開するようにする」と述べている。(編集WM)

「人民網日本語版」2008年2月27日

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« リーマン、日本の排出権取引市場に参入 | トップページ | 環境都市ランキング:総合で東京は7位 自然災害発生の可能性では最下位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40295251

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 「高汚染、高環境リスク」製品のブラックリストが初公開:

« リーマン、日本の排出権取引市場に参入 | トップページ | 環境都市ランキング:総合で東京は7位 自然災害発生の可能性では最下位 »