« 「王様」ペンギン、温暖化で減少の恐れ 仏研究チーム | トップページ | 過労になると脳下垂体細胞が次々と死滅 »

2008/02/14

南極の氷消失の観測にも「だいち」が活躍

Nankyoku_koori
2008年1月23日、NASAは、「南極の氷河の流出が加速されたことにより、南極の氷消失量が過去10年で75%増加し、グリーンランドで観測された氷消失とほぼ同じペースになった」と発表した。

NASAとカルフォルニア大学の科学者達は、過去15年間に亘る各種衛星(欧州の「ERS-1」及び「ERS-2」、カナダの「レーダーサット1(Radarsat-1)」、日本の「だいち(ALOS)」)のデータを調査した結果、1996年に0.3mmだった海面上昇が2006年には0.5mmになり、1996年に年間1,120億トン(±910億トン)あった氷塊の喪失が2006年には年間1,960 億トン(±920億トン)に達したとのことだ。

この調査では、南極大陸の広大な陸地を覆う氷床が海へと流れ込む動きを解明するのに、「だいち」の観測センサーであるフェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ (PALSAR)が用いられている。

写真はNASAの分解能撮像分光放射計 MODIS (NASA)による南極大陸のモザイク画像。紫色または赤色は氷消失量が早い地域を、緑は遅い地域をあらわしている。

[2月14日/Ecolomy]

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 「王様」ペンギン、温暖化で減少の恐れ 仏研究チーム | トップページ | 過労になると脳下垂体細胞が次々と死滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40124699

この記事へのトラックバック一覧です: 南極の氷消失の観測にも「だいち」が活躍:

« 「王様」ペンギン、温暖化で減少の恐れ 仏研究チーム | トップページ | 過労になると脳下垂体細胞が次々と死滅 »