« CO2排出、環境投資で穴埋め…カーボンオフセットに基準 | トップページ | 三井住友銀行、企業の温暖化対策活動を総合的に支援するプログラムを開始 »

2008/03/23

世界一豊かな国アメリカの環境難民

◆ハリケーン「カトリーナ」被災者、仮設住宅閉鎖でホームレス化の恐れも

2005年に米国南東部を襲った大型ハリケーン「カトリーナ(Katrina)」の被災者の中には、今もなお仮設住宅に暮らす人が多い。

そういった被災者向けの仮設住宅地区の一つ、米ルイジアナ(Louisiana)州ポートサルファ(Port Sulphur)にある米連邦緊急事態管理庁(FEMA)の「ダイヤモンド・パーク(Diamond Park)」トレーラーハウス居住区は、今年の6月1日に閉鎖されることが決まっている。

被災者が新たな住居に移転する際、政府は助成金を給付しているが、給付額は徐々に減少しており、09年3月には給付自体が終了する。別の住居に移る資金の無い人々は、ホームレス化する恐れもあると指摘されている。

【3月22日 AFP】

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« CO2排出、環境投資で穴埋め…カーボンオフセットに基準 | トップページ | 三井住友銀行、企業の温暖化対策活動を総合的に支援するプログラムを開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40611782

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一豊かな国アメリカの環境難民:

« CO2排出、環境投資で穴埋め…カーボンオフセットに基準 | トップページ | 三井住友銀行、企業の温暖化対策活動を総合的に支援するプログラムを開始 »