« 森と湖に囲まれたスウェーデン環境先進都市、その取組み事例 | トップページ | 海外で新型インフル、発症者は帰国停止も…国が対策案 »

2008/04/08

気候変動による年間死亡数15万人の半数はアジア、WHO予測

【4月8日 AFP】世界保健機関(World Health Organisation、WHO)の尾身茂(Shigeru Omi)西太平洋地域事務局長は7日、気候変動の影響で世界で予測される年間死者数15万人のうち、半数以上をアジア・太平洋地域の犠牲者が占めるとの予測を示した。

尾身氏は、アジアの死者の多くが、蚊など媒介生物によって伝染するマラリアなどの疾患や、気候パターンが変化する中で起こる下痢や栄養失調などの健康不良、また洪水などで死亡する可能性を指摘した。

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 森と湖に囲まれたスウェーデン環境先進都市、その取組み事例 | トップページ | 海外で新型インフル、発症者は帰国停止も…国が対策案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40820815

この記事へのトラックバック一覧です: 気候変動による年間死亡数15万人の半数はアジア、WHO予測:

« 森と湖に囲まれたスウェーデン環境先進都市、その取組み事例 | トップページ | 海外で新型インフル、発症者は帰国停止も…国が対策案 »