« ナイジェリアの森林は12年後に全消滅、専門家が警告 | トップページ | 国際協力銀、温室ガス削減へ新制度 200億円出資 »

2008/04/01

氷河の減少率 2006年は2005年の2倍以上のスピードに

UNEPは3月16日、最新のデータに基づき、世界の氷河の融解速度が速まっていると警鐘を鳴らした。
 
9つの山脈にある約30カ所の氷河のデータによると、2004-2005年から、2005-2006年にかけて、氷河が溶けて薄くなるスピードは2倍以上に上がったという。このデータは、スイスのチューリッヒ大学にある世界氷河モニタリングサービス(WGMS)によるもの。
 
氷河の1年間の減少量は、2005年には水当量換算で0.5メートルほどだったが、2006年には1.4メートルとなった。
 
UNEPのシュタイナー事務局長は、氷河は天然の貯水施設で、数百万人の人々が飲料水や農業、工業、発電のために氷河に依存していると指摘。2009年にコペンハーゲンで開催される気候変動枠組み条約締約国会議において、「各国政府は、新しい、決定的な排出削減対策や適応対策に合意すべきだ。さもなければ、氷河のように、人類の前途と行動のチャンスはただ消えて無くなるかもしれない」と強調した。

【UNEP】

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« ナイジェリアの森林は12年後に全消滅、専門家が警告 | トップページ | 国際協力銀、温室ガス削減へ新制度 200億円出資 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40712118

この記事へのトラックバック一覧です: 氷河の減少率 2006年は2005年の2倍以上のスピードに:

« ナイジェリアの森林は12年後に全消滅、専門家が警告 | トップページ | 国際協力銀、温室ガス削減へ新制度 200億円出資 »