« 新型インフルワクチン、医師ら6000人に事前接種・厚労省検討 | トップページ | 北京市 大気汚染対策は2カ月で終わり? »

2008/04/16

中国太湖、汚染による藻の異常繁殖が再発

【AFP】中国で3番目に大きい淡水湖、太湖(Taihu)で、一度は減少していた水質汚染による有害な藻が再び異常発生しており、周辺住民数百万人分の飲料水供給への影響が懸念される。国営人民日報(People's Daily)が14日、伝えた。
 
同国東部江蘇(Jiangsu)省にある太湖では前年5月、藻が異常発生し、当局は230万人が住む近隣の都市、無錫(Wuxi)市への上水供給の一時遮断を余儀なくされた。数日間におよぶ断水のきっかけとなったのは「水道から汚水が出てくる」という住民たちからの苦情で、人々は飲み水を蓄えようとパニックになった。

太湖は中国で古来より、豊かな水をたたえる最高の名勝地として知られてきたが近年、家庭排水や工業・農業排水の流入などで著しく汚染されている。

前年の危機は中国全土における河川環境悪化を示す象徴となり、温家宝(Wen Jiabao)首相は太湖の徹底的な浄化を正式に要請した。

太湖流域管理局では、汚染に春から夏への気温上昇が加われば、藻の異常発生を招く条件はそろい、以後数か月以内に前年同様の事態が再発しうると懸念している。

同管理局のLin Zexin副局長は太湖の浄化について、「短期的な取り組みでは無理。時間のかかる戦いとなるだろう」と述べた。

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 新型インフルワクチン、医師ら6000人に事前接種・厚労省検討 | トップページ | 北京市 大気汚染対策は2カ月で終わり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40892637

この記事へのトラックバック一覧です: 中国太湖、汚染による藻の異常繁殖が再発:

« 新型インフルワクチン、医師ら6000人に事前接種・厚労省検討 | トップページ | 北京市 大気汚染対策は2カ月で終わり? »