« グリーンランド氷床の「消える」湖、水の抜けるシステムを観測 | トップページ | 東京3地銀「エコ預金」・残高の0.1%分、都の緑化事業に »

2008/04/24

北極で温暖化の影響加速――海氷が4割減少、生物も

北極域では地球温暖化が科学者の予測を超える速さで進み、グリーンランドの氷床や北極の海氷が急激に減少、ホッキョクグマやカリブー(トナカイ)の個体数の減少など影響が広範囲にわたって顕在化しているとの報告書を、世界自然保護基金(WWF)が24日、発表した。

各国の科学者の研究に独自の調査結果を加えてまとめた。「海氷が解けた結果、海が吸収する熱量が増え、これがさらに温暖化を加速させるといった悪循環が始まっていることを示す証拠もある」と指摘。各国政府に温室効果ガスの排出削減対策の強化を求めている。

2007年の北極海の海氷面積は、1979年から2000年の間の平均量に比べて39%も少なくなったことが判明。13年夏には海氷が完全になくなるとの試算もある。

グリーンランドの氷床の縮小も進み、これが一因になって起こる海面上昇は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が推定しているよりも規模が大きいことが分かってきた。

ホッキョクグマはカナダや米アラスカ州の2つの個体群で温暖化によるとみられる個体減が顕著で、餌を取るのに欠かせない海氷の減少との関連が指摘されている。

カナダでは、餌が取れなくなった結果、数が86%も減ったカリブーの個体群があることが確認された。

WWFは、温暖化が原因の生態系の変化が北極域に住む先住民などの生活にも影響を与え始めているとの調査結果を紹介。「このままでは近い将来に取り返しのつかない影響が生じることになる」と警告した。

〔共同 4/24〕

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« グリーンランド氷床の「消える」湖、水の抜けるシステムを観測 | トップページ | 東京3地銀「エコ預金」・残高の0.1%分、都の緑化事業に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/40984483

この記事へのトラックバック一覧です: 北極で温暖化の影響加速――海氷が4割減少、生物も:

« グリーンランド氷床の「消える」湖、水の抜けるシステムを観測 | トップページ | 東京3地銀「エコ預金」・残高の0.1%分、都の緑化事業に »