« 急激な都市化すすむアフリカ、貧富の格差も増大 | トップページ | 人間の欲望で作られる巨大なタワー »

2008/05/18

生物多様性は過去35年で大きく低下、WWF報告書

【5月17日 AFP】世界自然保護基金(World Wildlife Fund for Nature、WWF)は16日、世界の生物多様性が1970年代に比べ大きく減少したという報告書を発表した。

WWFが脊椎動物1477種の個体群4000近くを独自に集計した「生きている地球指数(Living Planet Index、LPI)」によると、世界の生物多様性を示す数値は1970年から2005年の間に27%も低下した。乱獲、人口増加、農地や都市の拡大などが原因だという。

19日からドイツのボン(Bonn)で開催される国連(UN)の「生物多様性条約第9回締約国会議」では、2010年までにこれまで続いた生物多様性低下の流れに歯止めをかけることを目指して協議が行われる。

しかしWWFは、生物多様性減少のペースは鈍化していると見られるものの、国連がこの目標を達成できるとは考えにくいとの見方を示している。

WWFのジェームズ・リープ(James Leape)事務局長は「生物多様性の低下は、将来において数百万人もの人々が病害虫に脆弱な食糧生産や、不十分あるいは不安定な水資源という問題に直面することを意味する。また新薬開発の停滞や地球温暖化による自然災害被害の拡大など、生物多様性低下の影響から逃れられる人はいない」と警告する。

WWF英国支部のコリン・バットフィールド(Colin Butfield)氏は「生態系における多様性は、地球の健全性を支え、われわれに直接的な影響を及ぼす。環境問題への関心が高まっているにもかかわらず多様性が減少を続けていることに驚くとともに憂慮している」と述べた。

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 急激な都市化すすむアフリカ、貧富の格差も増大 | トップページ | 人間の欲望で作られる巨大なタワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41251016

この記事へのトラックバック一覧です: 生物多様性は過去35年で大きく低下、WWF報告書:

« 急激な都市化すすむアフリカ、貧富の格差も増大 | トップページ | 人間の欲望で作られる巨大なタワー »