« 東京・どこが危険か? 建物倒壊ワーストランキング | トップページ | 国連機関、死者・不明32万人と推計 サイクロン被害 »

2008/05/13

国内排出量取引、業界が次々反対 温暖化懇分科会で

「福田ビジョン」の目玉の一つとして検討されている国内排出量取引導入について、政府の「地球温暖化問題に関する懇談会」政策手法分科会の12日の初会合で、主要排出業界の代表から「実質的な排出削減に結びついていない」などの反論が相次いだ。

日本鉄鋼連盟の関沢秀哲・環境エネルギー政策委員長は「欧米で賛否両論がある。削減効果について未定な部分が多い。削減技術がなければ、生産抑制か海外からの排出権の購入しかなく、国益の喪失につながる」と批判した。

電気事業連合会の森本宜久副会長は、欧州連合(EU)が本格導入を検討する、企業が排出枠を公開入札で購入する新たな取引制度(オークション方式)について「全量有償となれば、税率の定まらない環境税を賦課されるようなもの。電気料金の上昇を余儀なくされる」と指摘した。

分科会は月内に報告書をまとめる予定。導入の是非には踏みこまず、環境税など他の手法と組み合わせた政策の長所、短所を示す見通しだ。

(朝日 5/12)

◇解説映像「地球温暖化シミュレーション 1950 - 2100」

◆World Wide 海面上昇シミュレーション(+14mまで可能)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 東京・どこが危険か? 建物倒壊ワーストランキング | トップページ | 国連機関、死者・不明32万人と推計 サイクロン被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41188357

この記事へのトラックバック一覧です: 国内排出量取引、業界が次々反対 温暖化懇分科会で:

« 東京・どこが危険か? 建物倒壊ワーストランキング | トップページ | 国連機関、死者・不明32万人と推計 サイクロン被害 »