« 海が「砂漠」に?、酸素不足で微生物すめず・米研究所など発表 | トップページ | 黄河崩壊~水危機が生む“環境難民” »

2008/05/03

バイオ燃料で生物絶滅加速、原料生産で生息地破壊

二酸化炭素(CO2)の排出量が少ないとして各国で急速に進むバイオ燃料の開発が希少な生物種の生息地を破壊、絶滅を招き、世界の生物多様性減少の一因になっているとの報告書を、生物多様性条約の事務局(カナダ・モントリオール)が2日までにまとめた。

報告書は「バイオ燃料生産の拡大政策を進める科学的な根拠はない」と現状を厳しく批判。19日からドイツのボンで開く条約の締約国会議で、環境破壊につながらないバイオ燃料であることを認証する制度や国際基準づくりに向けた作業を進めるとの決議を採択するよう提案している。

報告書によると、原料作物の栽培方法によっては土壌中のCO2が大気中へ放出される量が増えるため、バイオ燃料の利用は温暖化防止に貢献するどころか、温暖化を加速させる恐れもある。

報告書は、トウモロコシやサトウキビ、アブラヤシなど現在のバイオ燃料の原料作物は天然の林や湿地、草地などを切り開いて生産され、生物の生息地を破壊して絶滅などを加速する危険性があると指摘。東南アジアなど多くの国で、既に森林破壊などを招いているとした。

これらの作物を育てるために大量の水資源が必要で、淡水の生物の生息状況を悪化させるとの懸念も表明した。

バイオ燃料作物の栽培は土壌の劣化を招きやすく、自生地ではない地域にまで栽培が広がると、在来種に影響を与え生物多様性の消失を招く原因になると警告している。

〔共同 5/2〕

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★新しい気づきや考えるきっかけに出会えましたか?
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 海が「砂漠」に?、酸素不足で微生物すめず・米研究所など発表 | トップページ | 黄河崩壊~水危機が生む“環境難民” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41071718

この記事へのトラックバック一覧です: バイオ燃料で生物絶滅加速、原料生産で生息地破壊:

« 海が「砂漠」に?、酸素不足で微生物すめず・米研究所など発表 | トップページ | 黄河崩壊~水危機が生む“環境難民” »