« 温暖化:2030年に国内被害額年間1兆円増、浸水52万人も | トップページ | 世銀、食料価格高騰で1260億円の緊急融資枠 途上国向けに »

2008/05/29

ジャカルタを異常な高潮が襲う恐れと、世銀の専門家警告

世界銀行のインフラ基盤の専門家は29日、異常な高潮が来週にもインドネシアの首都ジャカルタを襲う恐れがあり、住民数千人規模が避難を強いられ、国際空港へ通じる高速道路が寸断される可能性があると警告した。AP通信が報じた。

ジャワ海に面するジャカルタは洪水対策が遅れ、年間で最大約5センチの地盤沈下に襲われ、毎年のように降雨などによる市内冠水も起きている。過去30年間では、約2.1メートル沈んだという。

昨年11月にはジャカルタ湾沿いで民家の屋根まで届く水害も発生している。

同専門家は、異常な高潮襲来の根拠に悪化の兆候を示す18年単位での潮位変動のサイクルを挙げ、地球温暖化や太平洋の海水温が変化するエル・ニーニョ、ラ・ニーニャ現象の関連も指摘した。

高潮被害を防ぐため、オランダのような堤防を築くことも一案としているが、数十億米ドル単位の工費がかかり、赤字財政のインドネシアではほぼ不可能としている。

(CNN 5/29)

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 温暖化:2030年に国内被害額年間1兆円増、浸水52万人も | トップページ | 世銀、食料価格高騰で1260億円の緊急融資枠 途上国向けに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41365596

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタを異常な高潮が襲う恐れと、世銀の専門家警告:

« 温暖化:2030年に国内被害額年間1兆円増、浸水52万人も | トップページ | 世銀、食料価格高騰で1260億円の緊急融資枠 途上国向けに »