« 土壌汚染対策1000億円は増税か? 汚染物質はどこへ? | トップページ | TICAD4 アフリカ首脳ら、慈善事業より投資の必要性を主張 »

2008/05/31

森の多様性壊れると500兆円損失も 国際会議報告

ドイツ・ボンで開かれた生物多様性条約締約国会議(COP9)で、報告書「生態系と生物多様性の経済学」が発表された。森林の多様性が失われると、2050年に世界で最大500兆円もの損失もあり得ることがわかった。

報告書のまとめ作業は、ドイツ政府と欧州委員会が進めてきた。温暖化による経済的損失を検証した英国の2年前の「スターン報告」にちなんで、「生物多様性版スターン報告」と呼ばれる。

報告書によると、このまま対策を取らないと50年までにいくつかの生態系は回復不能になると指摘。「近代的農業への転換、社会生産基盤の拡大、温暖化などで、自然地域のうち11%が失われる」「漁業や海洋汚染、温暖化による白化現象などで30年までにサンゴ礁の60%が失われる」などの可能性を挙げた。

また「森林生態系の劣化による経済的損失は50年には1.35兆~3.1兆ユーロ(約221兆~508兆円)に上る」と指摘、世界の国内総生産(GDP)を6%押し下げる可能性があるとした。

報告書をまとめた研究プロジェクトリーダーでドイツ銀行取締役のパバン・スクデブ氏は「生態系サービスの価値と喪失のコストを理解することで、新しい市場の創出につながる」と強調、温暖化問題における排出量取引のような仕組みの必要性を訴えた。

(毎日 5/31)

☆カテゴリー「地球環境問題・温暖化」

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆「環境と金融」HP開設6周年を迎えて

★いい情報に出会えたと思われた方は、Click me!人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 土壌汚染対策1000億円は増税か? 汚染物質はどこへ? | トップページ | TICAD4 アフリカ首脳ら、慈善事業より投資の必要性を主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/41385121

この記事へのトラックバック一覧です: 森の多様性壊れると500兆円損失も 国際会議報告:

« 土壌汚染対策1000億円は増税か? 汚染物質はどこへ? | トップページ | TICAD4 アフリカ首脳ら、慈善事業より投資の必要性を主張 »